FC2ブログ
12.31
Thu
20151231.jpg


今年も好きな写真に取り組むことのできた1年でした。ブログに訪問いただいたみなさま、ありがとうございました。
今年は写真集の購入を控え、写真関連の本をよく読みました。この1年で読んだ本の中で面白かったものは、今道友信の美学関係の本やヴォルフガング・ウルリヒ「不鮮明の歴史」でした。写真家の畠山直哉の「話す写真」は写真家が写真を語る説得力がありました。現在読んでいるベルント・シュティーグラーの「写真の映像」も影響を受けそうな1冊です。
カメラ、レンズの機材の変更も多い1年でした。年間とおして手元にあったのは考えてみるとEPSONのR−D1だけです。デジタルレンジファインダーカメラとして選択肢が少ないなか、M型ライカは更新しつつも、R−D1だけはずっと好きで愛用し続けています。
このブログも何とか更新してくることができました。来年もよろしくお願いいたします。よいお年を。


スポンサーサイト




comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://phototax.blog.fc2.com/tb.php/483-8d293ad9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top